カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのジュエリー、パンテール

スポンサードリンク

カルティエのジュエリー、パンテール

カルティエのジュエリー、パンテールとは、フランス語で豹を意味する。
1900年初頭から動物のモチーフを使い、人々の心を癒す物として取り入れできた。

カルティエのデザイナーは、第一次世界大戦中の20世紀初頭、様々なアイテムを生み出した。それが当時流行していた、豹や豹柄をモチーフのパンテールである。

ジャンヌ・トゥーサンがパンテールをジュエリーに用いた。
彼女のニックネームはパンテール(パンサー)と呼ばれ親しまれていた。彼女は、優れた才能と第六感ともいえるセンスの良さで、数々とアイデアを打ち出し、ハイジュエリー部門の責任者として、実行した。中でもパンテールジュエリーは、カルティエのシンボル的ジュエリーとして、今も輝き続けている。

パンテールのシリーズには、リングだけではなく、時計やブローチなどもある。
エレガントの中にちょっとしたワイルドなイメージを演出しているパンテールはシンプルなスタイルが好きな方にはピッタリだと思いますよ。

お勧めのカルティエのジュエリー、パンテールの中でキーリングがある。
ただのリングのようだが、実物を見ると本当にシンプルでかっこいいデザインである。見た人は一目ぼれすると思う。カルティエのクラシックバックもお勧めである。

いろいろなカルティエのラインがあるが、私は個人的にこのパンテールが1番すきである。高級感あふれるシックなデザインは飽きることなく長く使って頂ける最高のジュエリーになることであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのジュエリー、パンテール

Google

更新履歴