カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのビスモチーフとしたジュエリー

スポンサードリンク

カルティエのビスモチーフとしたジュエリー

カルティエのビスモチーフとしたジュエリーは1969年に誕生した。

斬新なブレスレットは、デザイナーのアルド・チプロが貞操帯からインスピレーションを受け、専用のドライバーで装着するという、新しい発想で注目を集めます。
カルティエが世界中の恋人達のために創ったといわれる、伝統的なビスモチーフ。
さらにカルティエは、ビスモチーフとしたブレスレットを、愛する者への贈り物としてしか販売しない、と発表したことで、爆発的な人気になった。
当初はそのテーマを貫くために、自分買いのお客様からの購入は断っていたというほどのこだわりようで、逆に人気に火がついたというエピソードもる。
固く揺るぎのない愛を宣誓する証とも言われている。
他にビスモチーフとしたジュエリーはリングやネックレスなど様々なアイテムが展開され、今も高い人気を博している。

ビスモチーフのラブリング永遠に愛し続けることのできる逸品である。
さりげなく格調の高さを感じさせてくれ、カルティエの刻印のロゴも魅力的になっている。
テーマは本当に愛し合う二人だからこそ許しあえる束縛である。
束縛したい、束縛されたい、という思いがこのジュエリーに込められた思いでもあり、そこには、愛とは、簡単な甘いものでなく、時には苦痛を要求するものであるという意味があり、2面性が込められているジュエリーでもあるのである。

ビスモチーフのジュエリーは愛の絆として、マリッジリングに選ぶカップルも多く、カルティエの愛を象徴する最高のシンボルは永遠の愛を誓うジュエリーとして多くの人々に親しまれている。
カラーはホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの中から選ぶことが出来ます。

男性から女性への贈り物としてデザインされたのがラブリング。
日本では、安室奈美恵とSAMの結婚会見の時に、結婚指輪として当時披露された。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのビスモチーフとしたジュエリー

Google

更新履歴