カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエ、トリニティリング

スポンサードリンク

カルティエ、トリニティリング

カルティエのトリニティリングはスリーリング(3連リング)の指輪のことを言う。
トリニティリングの歴史は、ジャン・コクトーが友人である詩人のラディゲにリングを送る為に、ルイ・カルティエに、依頼する。
ジャン・コクトーはこの世に存在しないリングを作って欲しいとオーダーした。
そして完成したのが、トリニティリングである。三色のゴールドを使ったデザインは愛、忠誠、友情を表現し、三本が絡み合う美しいデザインを完成させたのである。ピンクは愛を現し、ホワイトは友情を現し、イエローは忠誠を現している。

1924年の誕生以来、トリニティリングはベストセラーとなっている。カルティエを象徴するジュエリーの一つとして絶大な人気を誇る。

3つの輪を絡めたこのデザインはトリニティ コレクションと言い、リングはもちろんだが、他にブレスレットやネックレスなど、幅広いアイテムを送り出している。

女性がこのトリニティリングをプレゼントされたとき、本当に幸せを感じることが出来るリングと言えるであろう。ホワイトゴールドとピンクゴールドとイエローゴールドが豪華にあしらわれた3連リングは、付けた感じも、3つのカラーが使われているため、他のアクセサリーとも相性がよく、色合わせしやすいので、指先を華やかに飾ってくれる。
ピンクゴールドのリング部分にはCartierの刻印が入っている。細部にまで格調の高さを感じさせてくれるリングは一生の宝物になることであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエ、トリニティリング

Google

更新履歴