カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのリングの種類

スポンサードリンク

カルティエのリングの種類

カルティエのリングの種類は大きく6つに分けることが出来ます。
リング一つ一つに意味が込められていて、歴史の深さがよくわかる。
手元を彩るカルティエのエレガントなリングは、常に鮮烈なデザインと斬新なアイデアで、多くの人々を釘付けにして来た。
カルティエのリングは、様々な装いを引き立て、1つのリングの輝きは、自分自身の格式や洗練、自信や絆など様々な場面で活躍してくれるリングと言えるであろう。

3つの輪をデザインしたトリニティコレクションは、他にネックレス、ブレスレット、ピアスなどがある。
愛の証であるハートをモチーフとしたカルティエのジュエリーは、他にネックレス、ブレスレット、ピアスなどがある。
ビスモチーフのコレクションは、固く揺るぎのない愛を宣誓する証として多くの人々に愛されている。
他に、ネックレスやブレスレットも展開している。
2Cモチーフのリングはシンプルでエレガントなデザインで、カルティエコレクションの2つのイニシャルをデザインしたリングである。他にネックレスやチャームなどがある。
豹を現すパンテールはカルティエのシンボル的なジュエリーとして展開されている。
ラニエールコレクションはリングとウォッチ、2つの顔を持つジュエリーとして親しまれている。

このようにカルティエのリングには一つ一つ意味があり、婚約指輪や結婚指輪に選ばれることがもっとも多いリングとしても有名である。深い歴史があり、世界中に愛されているカルティエのリングは、最も価値あるリングであることがわかって頂けると思う。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエのリングの種類

Google

更新履歴