カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの書籍

スポンサードリンク

カルティエの書籍

カルティエに関する書籍は、ほとんどが洋書になる。

書籍の内容は、時計類や宝飾品が主で、現在のコレクションや過去のコレクションに分類されている。
特に多い書籍は、パリのプチパレで行われたカルティエの宝飾美術展以降に出版された内容が多く見受けられる。カルティエの宝飾美術展は、1995年に日本でも東京都庭園美術館にて開催された。

これからカルティエの一部の書籍を紹介したいと思う。

■フランス宝飾芸術の世界展・カルティエコレクション−絢爛祝欄のジュエリー
■出版 1995年
■ページ数 418ページ
この書籍には、東京都庭園美術館で行われたカルティエ展の収録作品が解説されている。
日本語による解説で、質量ともに最高を誇る一冊だと思う。現在、この書籍は、入手は困難とされている。

■A CENTURY OF CARTIER WRISTWATCHES
■著者 George Gordon
■ページ数 約520ページ
この書籍はGeorge Gordon氏による大著である。ビンテージのカルティエウオッチの数々が紹介されている。プライスの紹介はされていませんが、キャリバーの製造元やモデルの制作年代、そしてキャリバーの写真やケースの裏側まで、マークなども写真付きで紹介されている。
この一冊はニセモノを見破る時に強い味方となってくれるであろう。ジュエリーは紹介されず、時計オンリーの本になっている。カルティエコレクターにはオススメの書籍である。なおこの本の初版には、著者のサイン入りの限定証明書がついているそうである。

他にも様々なカルティエの書籍がある。カルティエの奥深い歴史がわかる一冊になると思いますよ。
どれもカルティエファンにはたまらない書籍なので一度読んでみて下さいね。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの書籍

Google

更新履歴