カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの腕時計、サントス

スポンサードリンク

カルティエの腕時計、サントス

カルティエの時計サントスとは、歴史が深く、ブラジルの大富豪飛行家であるサントス・デュモンに、腕時計の依頼を受けたことがきっかけとなった。

飛行中にハンドルから手を放さずに時間を確認できる時計が欲しい、と相談され、注文を受けたことから腕時計を製作する。

そして1904年にカルティエの腕時計サントスが誕生した。

当時は、腕時計は一般的な物ではなく、カルティエの生み出したサントスは、世界で初めて成功した腕時計と言われている。そのデザインは、当時の飛行機内部の計器類を元にしてデザインされ、ビスで留める斬新なデザインは、みなさんがよく知るラブリングやパンテールのベゼル等にも利用されている。

カルティエサントス100は、生還100年を記念して作られたモデルで大きめの腕時計になる。
サイズは横幅が51mmなので迫力のある腕時計で人気がある。

カルティエサントスはデザインも沢山ある。サントスのポイントは男性でも女性でもユニセックスで使えるようになっていて、ブレスの色使いや、ところどころにアイデアもちりばめてあるので個性的なデザインもポイントになっている。
かっちりとしたスーツや、ボーイッシュなカジュアルな装いにも存在感を与えてくれる。

値段は50万円から200万円である。価格は確かに高い時計だが、カルティエのデザインにはいろいろな由来があり、歴史的価値もあるので値段の高さはそれぞれの価値観かもしれませんね。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの腕時計、サントス

Google

更新履歴