カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエを支える宝石職人

スポンサードリンク

カルティエを支える宝石職人

カルティエが次々に生み出すあの美しい輝きのジュエリー。あの美しさを形にする宝石職人たちは、繊細にデザインされた輝かしいジュエリーの原型を、1つずつ丹念に、気の遠くなるような作業工程を繰り返しながら丁寧に形作っていく。

美しいカルティエのジュエリーには、綿密に計算された工程がある。
原型となるデザイン・スケッチには、宝石が実物大でデッサンされ、工程や色、素材など1つのジュエリーを美しく完成させるために、あらゆる情報が詰め込まれているそうである。

綿密に計算された工程をもとに、美しい輝きのジュエリーは少しずつ完成に近づいていく。様々な作業を専門とする多くの職人の手によって作り出される本物のジュエリーなのである。

伝統と技術の結晶であるジュエリーの制作は、一言に例えるとチームワークである。流れるような作業工程はプライドを持った職人たちの伝統の技術を受け継ぐその姿勢から作られている。

まず、ジュエリーのもととなる原型を作る専門の職人がいる。そして宝石細工職人はカルティエのジュエリーに使われる宝石を選びカッティングする作業を行う。最後に担当する職人はジュエリーの仕上げをする。
とても細かい作業を繰り返しながら、世界にたった1つだけのジュエリーを生み出する。
伝統の技術と職人の魂が宿ったジュエリーはとても美しく一生の宝石になる。

まさに、長い年月をかけた伝統と技術の結晶と言えるカルティエの宝石と言えるであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエを支える宝石職人

Google

更新履歴