カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの歴史

スポンサードリンク

カルティエの歴史

世界中に愛されるカルティエの歴史である。

1847年、師匠であったアドルフ・ピカールのアトリエをルイ・フランソワ・カルティエが譲り受け、開業となりカルティエの歴史が始まる。
1874年、ルイ・フランソワ・カルティエは経営権を息子であるアルフレッドに譲る。
1898年、アルフレッドの長男ルイを共同経営者とし、共にスタートする。

1904年、ルイ・フランソワ・カルティエが死去した。この年はイギリス、スペイン国王の御用達店となり、長男ルイは、ブラジルの富豪飛行家であるサントス・デュモンに腕時計を製作した。
1905年、ポルトガル王の御用達の店になる。
1906年、3人兄弟の残りの一人であるジャックがロンドン店の経営者になる。ルイはこの年、腕時計トノーを製作する。
1907年、ロシア皇帝の御用達の店となり、時計技術者であるエドモントジャガーと契約する。
1908年、シャム国王の御用達の店になる。

1910年、カルティエ&クリエーションのロゴ2Cが誕生する。
1911年、飛行家であるサントス・デュモンに作成した、腕時計を原型に作られたサントス・デュモンが発表される。
1912年、腕時計ベニュアール発表し、世界で初めてダイヤモンドのバケットカットを製作する。
バゲットはフランス語で棒を意味する。ダイヤで用いられる段状のカットは長方形の宝石でルイ・フランソワ・カルティエが創出した。
1913年、セルビア国王の御用達の店となり、ミステリークロック第一号が作成された。
1914年、オルレアン公の御用達の店となり、パンテールデザインが発表される。
1917年、腕時計タンクが発表された。
1919年、ベルギー国王の御用達の店になる。

1921年、英皇太子エドワード8世の御用達の店となり、腕時計タンクサントレが発表された。
1922年、腕時計タンクシノワとタンクアロンジェが発表された。
1928年、腕時計タンクアギシェが発表された。この腕時計は小窓で時間を見るデザインである。
1929年、エジプト国王の御用達の店になる。

1932年、腕時計タンクバスキュラントが発表された。
1936年、腕時計タンクアシンメトリックが発表された。
1939年、アルバニア国王の御用達の店になる。

1945年、ピエール・カルティエはカルティエ・ニューヨークとカルティエ・パリの社長に就任する。

1965年、ピエール・カルティエが死去する。
1967年、ベニュアールクラッシュウォッチが発表された。
1968年、カルティエ・ブランド初の収納式ローラー、オーバル型高級ライターが誕生する。

1970年、カルティエが香港にオープンする。
1971年、カルティエ・ミュンヘンがオープンする。
1972年、カルティエ・パリの社長にロベール・オックが就任する。
1974年、ボルドーシリーズである皮革製品が発表され、カルティエ東京店(レ・マスト・ドゥ・カルティエ)がOPENした。
1976年、ヴェルメイユ腕時計が発表された。
1978年、カルティエのスカーフコレクションが発表された。

1981年、カルティエの香水マストとサントスが発表された。
1983年、腕時計パンテールが発表され、アイウェアのマストやVLCも同時に発表される。
1985年、防水腕時計にヒントをえたパシャが発表された。
1986年、腕時計マスト21ヴァンテアンが発表された。
1987年、メゾンドゥカルティエが発表された。これはテーブルウエアのコレクションである。
1988年、紳士用アクセサリーのコレクションが発表された。パーソナルラインである。
1989年、腕時計タンクアメリカンが発表された。

1990年、ハンドバック、パンテールが発表された。
1991年、腕時計ディアボロが発表され、パンテール万年筆とジュエリーコレクションである、インドギャランも同時に発表された。
1992年、腕時計ベニュアールコンビモデルとカスクドール、ベルエポック、ミニパンテールが発表され、香水パシャも同時に発表された。
1993年、腕時計クロノリフレックスムーブメントのクーガー、パシャ、ディアボロが発表され、マスト・ウォッチとエリプスリングを創作。そしてパステル調のクロコダイルミニ・パンテール・ドゥ・カルティエ・バッグを発表した。
1994年、ジュエリーコレクションのゴールドチャームとナチュラが発表される。
サントス・デュモン・ウォッチの90周年を記念して、限定版である、ピンクゴールドとプラチナを使用したサントス・デュモンを製作する。男性用レザーグッズコレクションではゴールド・オン・ブラックを発表した。
1996年、腕時計のニューコレクション、パシャC、パシャ、タンクフランセーズを発表する。
1997年、ハッピーバースディドゥカルティエのコレクションが発表される。腕時計トリニティーとタンクリングも同時に発表された。
1998年、腕時計サントスガルベが発表される。
1999年、腕時計パンテールリュバンとコレクションプリヴェパリが発表された。
2000年、復活限定モデル、腕時計タンクバスキュラントが発表された。

2005年、カルティエ南青ブティックがオープンする。日本国内では32店舗目となり、外観はダイヤモンドを連想させ、ブルーノ・モワナーがデザインした。

カルティエの歴史の奥深さがよくわかると思う。歴史あるすばらしいブランドだと改めて感心させられますね。

スポンサードリンク

関連エントリー

カルティエの大辞典Top >  カルティエ >  カルティエの歴史

Google

更新履歴