データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧用のバックアップデータ

スポンサードリンク

データ復旧用のバックアップデータ

Windowsが起動しない時にWindowsの再インストールを行う。
Windowsの復元後、データ復旧を行いるが、データ復旧用のデータはパソコン上のどこに保存されているのであろうか。
データのバックアップをとる際、データがどこに保存されているのか知っておかなければコピーすることはできない。
データ復旧に使う重要なデータがどこに保存されているのかを知るためには、Windowsのフォルダ構造をある程度理解しておく必要がある。

例えば、データはマイドキュメントやデスクトップに保存するのが一般的である。
しかし、こうしたフォルダはユーザーが利用しやすいようにWindowsが設定した特殊なフォルダとなっている。
マイドキュメントもデスクトップもCドライブにある「Documents and Setting」というフォルダの中にある。
Windowsが正常に稼動している間は、そのような特殊なフォルダがどこに存在するのかを意識する必要はない。
ところがWindowsにトラブルが発生した時は特殊なフォルダの正確な位置を知らないとデータの救出はできない。
しかも、データ復旧するために救出するデータはマイドキュメントやデスクトップだけではないはずである。
ブックマークやメール、IMEのユーザー辞書なども重要であると考えられる。
こうしたデータがどこに保存されているのか、ある程度確認しておいたほうがいいかもしれない。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧用のバックアップデータ

Google

更新履歴