データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  MBRのデータ復旧

スポンサードリンク

MBRのデータ復旧

ハードディスクからWindowsが読み込めない、というときがある。
つまり、パソコンは起動するもののOSの起動ロゴが始まらない、というようなトラブルである。

ディスクの先頭にはMBR(Master Boot Record)という領域がある。
パソコンが起動するとMBRに記録された「Boot Loader」というプログラムが起動する。
そしてディスク領域の大きさや位置などを記録したパーティションテーブルを読み込み、起動するパーティションのブートセクタを読み込みる。
そして、ブートセクタに置かれたプログラムは、そのパーティションにあるOSを起動する。
パソコンは起動するがOSが起動しない時は、「Boot Loader」が破損している可能性がある。
このプログラムのデータ復旧を行えば、トラブルは解決できるかもしれない。

起動ドライブ(通常はCドライブ)を開く。
「boot.ini」「bootfont.bin」「ntdetect.com」「ntldr」の4つのファイルをフロッピーディスクにコピーしておく。
しかし、この操作はトラブルが発生する以前にしておかなければならない。
トラブルが発生したら、このフロッピーディスクからコピーすることによってデータ復旧を行う。

Boot Loaderの関連ファイルには隠し属性が付けられている。
コピーする際には、事前に表示できるように設定しておく必要がある。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  MBRのデータ復旧

Google

更新履歴