データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  DLLファイルのデータ復旧

スポンサードリンク

DLLファイルのデータ復旧

つい昨日まで普通に起動していたアプリケーションソフトが急に起動しなくなってしまうことがある。
このような時はDLL(Dynamic Link Library)がなくなってしまった可能性がある。
DLLとは、Windowsにおいて複数のアプリケーションが共通して利用するプログラムを部品化して保存しておく手法のことである。
必要に応じてプログラムをメモリに呼び出して利用する。
同じプログラム部品を複数のアプリケーションソフトが利用するのでディスクやメモリ容量の節約につながる、というメリットがある。
DLLのデータ復旧を行わないと、アプリケーションソフトは正常に起動しない。
別のアプリケーションソフトをアンインストールした時に一緒に削除してしまった可能性がある。
アプリケーションソフト起動時に「○○.DLLが見つかりません」というメッセージが出てきたら、DLLのデータ復旧を行う。

インターネットにはDLLのファイルが公開されているサイトがある。
そのサイトからDLLファイルをダウンロードすることができる。
検索サイトを利用すれば、ほとんどのDLLが見つかるようである。

アプリケーションソフトを削除するときには、ソフトをフォルダごと「ごみ箱」に捨ててはならない。
そうすると、DLLも一緒に捨ててしまう可能性があるからである。
ソフト独自のアンインストール機能を利用するか、「プログラムの追加と削除」から削除を実行したほうがいいであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  DLLファイルのデータ復旧

Google

更新履歴