データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ユーザー辞書のデータ復旧

スポンサードリンク

ユーザー辞書のデータ復旧

Windowsには日本語入力ソフトとして「IME」が標準装備されている。
IMEには自動学習機能が搭載されているため、使用するユーザーの入力を学習してその結果を「ユーザー辞書」に書き加えている。
しかし、このユーザー辞書が何らかの原因で壊れてしまうと、正しく漢字変換できないなどのトラブルが発生する。
漢字変換の結果が頻繁におかしくなるような現象が発生したり、日本語入力時にエラーが発生したりする時がある。
そのような時はユーザー辞書のデータ復旧を試みたほうがいいかもしれない。
ユーザー辞書のデータ復旧はどのようにして行うのであろうか。
まず、ユーザー辞書が保存されているドライブを「チェックディスク」してみる。
通常は、Cドライブにユーザー辞書が保存されていると思う。
Cドライブのプロパティを開き、「ツール」タブの「エラーチェック」にある「チェックする」をクリックする。
そうするとチェックディスクを開始する。しばらく時間がかかりますが、ドライブのエラーを自動で修復しデータの復旧を行ってくれる。
チェックディスクを行ってもデータ復旧ができず、トラブルが解消できない場合は、ユーザー辞書の修復を行う。
言語バーの「ツール」アイコンをクリックして「プロパティ」を選択する。
プロパティ画面が表示されたら、「辞書/学習」タブを開き、修復ボタンをクリックするだけである。
この操作を行うと自動学習した内容は消去されてしまいるが、自分で登録した用語などはデータ復旧してくれる。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ユーザー辞書のデータ復旧

Google

更新履歴