データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  周辺機器のドライバのデータ復旧

スポンサードリンク

周辺機器のドライバのデータ復旧

ドライバとは「デバイスドライバ」の略で、OSと周辺機器の橋渡しをする重要なプログラムである。
つまり、Windowsが周辺機器を制御するために必要なプログラムである。
通常はフロッピーディスクまたはCD−ROMの形で周辺機器に付属している。

OSのクリーンインストールなどを行って、ドライバを失ってしまうと、ドライバのデータ復旧を行わなければ、周辺機器が使えなくなってしまう。
デバイスマネージャーで確認すると、ドライブがインストールされていない周辺機器は「?」マークが付いている。
その時はフロッピーディスクやCD−ROMからドライバのデータ復旧を行えばよい。
ただし、そのフロッピーディスクやCD−ROMを紛失してしまったらどのようにデータ復旧すればよいのであろうか。

そのような場合は、メーカーのホームページをチェックすればいいと思う。
例えば、プリンターのドライバのデータ復旧をしたい場合は、そのプリンターのメーカーのホームページにアクセスするのである。
「ダウンロード」や「ユーザーサポート」というページを探して、そのページを開くと商品ごとにドライバが公開されているはずである。

ドライブの配布ページを見つけたら、対応するOSを確認してダインロードして、ドライバのデータ復旧を行う。
インストール方法は機器によってさまざまな方法があるようである。
ホームページをよく確認してから作業に取りかかったほうがいいようである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  周辺機器のドライバのデータ復旧

Google

更新履歴