データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  デスクトップ上のアイコンのデータ復旧

スポンサードリンク

デスクトップ上のアイコンのデータ復旧

デスクトップにはさまざまなアプリケーションソフトのショートカットアイコンが配置されている。
よく使うアプリケーションソフトであればダブルクリックするだけでソフトが起動できるため、大変便利である。
「スタート」メニューから起動するよりは手軽なため、活用しているひとは多いのではないか。
しかし、いざという時に使いたいアプリケーションソフトのショートカットアイコンが見当たらないときがある。
しばらく使っていないと、「デスクトップクリーンアップ」機能で、ショートカットアイコンが削除されてしまうことがあるのである。
その場合、デスクトップ上の「使用していないショートカット」というフォルダに移動していると思う。
ショートカットアイコンのデータ復旧はそのフォルダからドラッグするだけで簡単にできる。
削除されるたびにデータ復旧するのも、面倒なことである。
そこで、勝手に整理されないためにも「デスクトップクリーンアップ」機能はオフにしておいたほうがいいかもしれない。

勝手に整理されるのを防ぐためには「デスクトップクリーンアップ」機能が自動実行されないように設定しなければならない。
デスクトップ上で右クリックして「プロパティ」を選択する。
「画面のプロパティ」が開いたら、「デスクトップ」タブの「デスクトップのカスタマイズ」を選択する。
「デスクトップ項目」画面が開いたら、「全般」タブを開く。
そこで「60日ごとにデスクトップクリーンアップウィザードを実行する」のチェックをはずする。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  デスクトップ上のアイコンのデータ復旧

Google

更新履歴