データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルファイルのデータ復旧

スポンサードリンク

エクセルファイルのデータ復旧

エクセルファイルが読み込めなくなるトラブルに対してはどのようなデータ復旧の方法があるのであろうか。
エクセルは、単一のブック内だけの表計算ではなく、複数のブック間でリンクすることができる。
つまり、リンク元のブックの数値などを別のブックに読み込むことができる。
リンク元のブックで数値を変更すれば、リンク先のブックの数値も自動的に変更されるのである。
ブック同士をリンクさせておけば、同じ数字を何回も複数のブックに書き込む必要はない。
これは「外部参照式」と呼ばれる機能である。
この機能を利用すればどうしても開くことのできないエクセルファイルのデータ復旧も可能となることがある。

新規のブックを2つ開き、片方のブックのセルに残りのブックのセルをリンクさせます。
例えば、Book1とBook2を開いて、Book1のセルにBook2のセルをリンクさせます。
次の段階で、Book1のリンク元の編集を行い、リンク元をBook2から開くことのできないファイルに変更するのである。
どうしても開くことのできないエクセルファイルをあえて開こうとはせずに、リンク先でセルの内容を表示させる、という方法である。
ことによって開くことのできないエクセルファイルのデータの抽出が可能となるのである。

この方法を利用してデータ復旧ができるのは、文字列と数式のみである。
しかし、どうしても開けないエクセルファイルのデータ復旧をしたい時に試してみるのもいいかもしれない。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルファイルのデータ復旧

Google

更新履歴