データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ワード文書ファイルのデータ復旧

スポンサードリンク

ワード文書ファイルのデータ復旧

ワード文書が開けない、けれども大切なデータなのでデータ復旧をしたい、という時がある。
ワード自体のアプリケーションソフトには何ら問題がなく、「開いて修復」などを利用しても修復できないケースを考えてみる。
このような時はワードの「ファイル修復コンバーター」を利用してデータ復旧を試みてもいいかもしれない。
この機能は、ファイルの文字列のみを取り出すことができる機能である。
そのため、書式設定や画像、描画オブジェクトなどは失われてしまいるが、ヘッダーやフッダー、フィールド文字列などはテキストデータとして復旧される。
描画オブジェクトは残念ながら作り直しになってしまいるが、書式設定は再度設定し直せばよいだけである。
画像データは元のデータを再度貼りなおすのみである。
せめて文字列だけでも取り出すことができれば、文書ファイルのデータ復旧はやりやすくなる。
「ファイルを開く」画面で、ファイルの種類を選択する際に「ファイル修正コンバーター」を選択する。

この「ファイル修復コンバーター」をそのまま使用してデータ復旧ができるのはワード文書のみである。
ワード文書以外のデータを「ファイル修復コンバーター」を使用してデータ復旧を行うには、別にオプション設定が必要になる。
ワードを立ち上げて、「ツール」−「オプション」を選択し、「全般」タブを開く。
「文書を開くときのファイル形式を確認する」という箇所にチェックを入れれば良いだけである。
あとの開く手順は通常のワード文書データと同じになる。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ワード文書ファイルのデータ復旧

Google

更新履歴