データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルデータをワードでデータ復旧する

スポンサードリンク

エクセルデータをワードでデータ復旧する

エクセルで作業中なんらかの原因でエクセルがうまく稼動しない時、エクセルデータをワードで復旧することができる。
ワードは通常の文書ファイルだけでなく、エクセルファイルも開くことができ、表計算のデータを抽出することができるのである。
この機能を利用すると、壊れたエクセルファイルのデータ復旧の可能性がある。
ただし、この機能で復旧できるのは、文字列と数式のみとなっているようである。
書式やオブジェクトなどは消えてしまう。
もちろん、数式のマクロも消えてしまう。

ワードでデータ復旧されたデータは表形式で表示されますので、そのままコピーしてエクセルに貼り付けて保存するだけである。
ワードの「ファイル」メニューから「開く」を選択し、開けないエクセルデータを選んでクリックする。
ファイルの変換の画面が表示されるので、「Microsoft Excelワークシート」を選択して「OK」をクリックする。
開くワークシートを「変換するシート」で選択できますが、ブック全体を選択してしまうとデータがおかしくなることがあるようである。
そのため、ワークシートごとに開いてデータを抽出したほうがいいようである。
ワードで抽出されたデータを新規ブックに貼り付け、名前を付けて保存したら、データ復旧の完了である。

エクセルファイルをワードで開く際に、「この機能は現在インストールされていません」と表示されることもあるようである。
その時は「はい」を選択すれば、インストールがはじまり読み込むことができるようになる。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルデータをワードでデータ復旧する

Google

更新履歴