データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  アドレス帳のデータ復旧

スポンサードリンク

アドレス帳のデータ復旧

Outlook Expressのアドレス帳のデータは簡単にバックアップとそのデータ復旧を行うことができる。
その際のバックアップ形式としては、「Microsoft Exchange個人アドレス帳」と「テキストファイル(CSV)」が選択できる。
前者を選択するとOutlookやExchangeといったマイクロソフト製のメールソフトに自動的に出力することが可能である。
後者を選択すると、CSVファイルとして保存される。
他のメールソフトでアドレス帳のデータを利用する可能性がある場合は汎用性のあるCSVファイルでバックアップしたほうがいいかもしれない。
もちろん、CVSファイルでもOutlook Express上にデータ復旧することはできる。

操作方法は簡単である。Outlook Expressを起動し、「ファイル」メニューの「エクスポート」をクリックする。
その後「アドレス帳」を選択するとツールが起動するので、どちらかの形式を選択して「エクスポート」をクリックする。
保存ファイル名を入力後、エクスポートする項目を選択しますが、必要な項目のみにチェックをいれればいいと思う。
そして「完了」をクリックすればエクスポートは完了である。エクスポートしたファイルをバックアップしておく。

パソコンが故障したり、新しいパソコンに買い替えたりなど、アドレス帳のデータ復旧を行う際は、エクスポート作業とは逆の作業を行う。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  アドレス帳のデータ復旧

Google

更新履歴