データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧時の保存先

スポンサードリンク

データ復旧時の保存先

データ復旧の段階で問題となるのが、「どこにデータ復旧するのか」、「データ復旧の保存先はどこか」ということである。
今の時代のハードディスクは100GB以上であることがあたりまえになっており、そこに保存されるデータの量は膨大になる。
特に動画データや音楽データなどはデータ量が多くなりがちである。
例えば、ハードディスクの容量が40GBであったとすれば、DVDならば12枚、CD−Rならば60枚も必要になる。
作業の手間と時間を考えると、データ復旧の保存先にはハードディスクにするのが現実的のようである。
100GB以上の外付けハードディスクなら1万円前後で購入することができる。
作業は少し面倒だが、デスクトップパソコンであるならば内蔵型ハードディスクも使用できる。
ハードディスクならば、データ復旧後もデータの保存用として再利用することもできる。

しかし、パソコンに内蔵されたハードディスクの構造によっては、2台目のハードディスクがなくてもデータ復旧できることがある。
ハードディスクが複数の領域に分割され、Cドライブの他にDドライブがあるような時である。
Windowsの復旧に使用するリカバリーディスクはCドライブだけを初期状態に戻すことが一般的である。
同じハードディスクであってもDドライブのデータは保持される。
そこで、Cドライブ中の消えてしまっては困る大切なデータはDドライブにコピーしておくのである。
そうすれば、リカバリーを行ってもデータは残る。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧時の保存先

Google

更新履歴