データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  削除したメールのデータ復旧

スポンサードリンク

削除したメールのデータ復旧

受信したメールを放置しておくと、「受信トレイ」はメールであふれてしまう。
そのため、日頃のメールのやりとりの中で、「受信トレイ」の中の不要なメールデータは削除していく。
しかし、大切なデータを誤操作で削除してしまうこともある。
そのような場合、データ復旧は可能でしょうか?

不要なメールは「削除済みアイテム」にまず保存される。
これを完全に削除する場合、削除済みアイテム内から削除するか、削除済みアイテムフォルダを空にする、という操作を行う。
メールを「削除済みアイテム」の中に移動しただけであるならば、メールのデータ復旧は簡単である。
削除したデータを「受信トレイ」にドラッグすればデータ復旧は完了である。

「削除済みアイテム」を空にしてしまった場合、メールのデータ復旧はできるのでしょうか?
Outlook Expressを使用しているならば、「ツール」−「アカウント」−「インターネットアカウント」を表示させます。
そこで、アカウントを選び、「プロパティ」を見てみる。
「詳細設定」の中の「配信」で「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックが入っているであろうか。
このチェックが入っていれば、データ復旧することは可能である。

しかし、この欄にチェックが入っておらず、メールサーバー内にデータが残っていないと、データ復旧は非常に難しいようである。
市販ソフトを使って、データ復旧を行う以外に手はないようである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  削除したメールのデータ復旧

Google

更新履歴