データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  画像ファイルのデータ復旧

スポンサードリンク

画像ファイルのデータ復旧

OSの調子が悪くなったので、OSの修復インストールを行ったら、デジカメで撮影した画像の一部が青くなってしまうということがある。
また、外部メディアに画像をコピーした際にエラーが発生して、データが壊れてしまうということもある。
デジカメで撮影したデータなどは旅行先で撮った写真など、撮り直しのきかないものも多く、データ復旧を確実に行いたいものだ。

デジカメから転送する画像や、インターネットからダウンロードするJPEGファイルは、転送中にファイルのヘッダーやフッターが欠けてしまうことがある。
また、JPEGデータ内部に異常が発生することがある。
こうした画像を表示すると、画面の一部が青色で塗りつぶされたような状態になってしまう。
そんな画像でもデータ復旧は可能でしょうか?

オンラインソフトの「JPEG REMEMBER」というソフトでデータ復旧が可能である。
このソフトはハードディスク内のJPEG画像を解析して破損や異常のあるファイルを検出してくれる。
そして、そのファイルがどの程度破損しているのか、その割合も示してくれる。
破損箇所の検出後、破損した部分を指定することで強制的にデータ復旧を行ってくれる。
破損したJPEG画像を検索し、一括して復旧作業ができるのもこのソフトの特徴である。

Vectorで入手することが可能ですので、デジカメで撮ったデータに異常が発生し、データ復旧の必要がある時は試してみるのもいいかもしれない。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  画像ファイルのデータ復旧

Google

更新履歴