データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  外付けハードディスクからのデータ復旧

スポンサードリンク

外付けハードディスクからのデータ復旧

パソコンの外付けハードディスクを接続しているとき、ある日突然そのハードディスクを認識しなくなってしまうことがある。
そのような時は、ハードディスク内にある重要なデータを取り出すデータ復旧の作業をしなくてはならない。

データ復旧をするためには、ハードディスクをパソコンに認識させることが必要である。
外付けハードディスクを認識しなくなる理由として、まず考えられることは物理的に接続されていない、ということである。
そして接続されているのであれば、マスターブートレコードが損傷している、ということも考えられる。

外付けハードディスクが認識されない時は、まず「デバイスマネージャー」で認識されているかどうか、確認する必要がある。
「デバイスマネージャー」で認識されているにもかかわらず、「マイコンピュータ」にドライブが表示されないケースがある。
そのような場合は、「マスターブートレコード」が損傷している可能性がある。
マスターブートレコードとは、ハードディスクの先頭に書き込まれていて、ハードディスク内のパーティションの情報など、重要な情報が書き込まれている部分である。
そのため、マスターブートレコードが損傷していると、OSがハードディスクを認識しなくなってしまうのである。

マスターブートレコードが壊れているのであれば、市販ソフトを利用して修復することが可能である。
それを試しても、認識しないような場合は、ハードディスクが物理的に損傷しているかもしれない。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  外付けハードディスクからのデータ復旧

Google

更新履歴