データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  読み込めないCDのデータ復旧方法

スポンサードリンク

読み込めないCDのデータ復旧方法

パソコンでCDやDVDからファイルを読み込もうとした時、ファイルが読み込めない時がある。
他のパソコンでもそのCDやDVDが読み込めないとしたら、CDやDVDに何らかの原因があると考えられる。
CDやDVDに大切なデータが入っている場合は、データ復旧をしなければならない。

CDやDVDなどのディスクメディアからデータが読み込めなくなる原因として、最初に考えられることは、読み込み面のキズや汚れであると言われている。
ディスクメディアはドライブのピックアップから照射されるレーザーが記録層の凸凹を感知してデータを読み込んでいる。
ディスクメディアの基盤部分が汚れていると、レーザーが記録層に到達する前に乱反射してしまい、データを読み込むことができなくなってしまうのである。
つまり、キズや汚れを取り除けば、データ復旧は可能ということになる。

キズや汚れを取り除くための製品が市販されている。
ディスク全体にキズがついているなら、電動でディスクの基盤面を研磨するものを使用してみるのもいいかもしれない。
ディスクの一部分にキズがついているような場合は「修復剤」で研磨するという方法もある。

CDドライブやDVDドライブを長く使用していると、ドライブ自体の性能が下がっている可能性もある。
ディスクメディアをドライブに入れてもディスクの回転が始まらないようであれば、ドライブの故障が考えられる。
メディア内のデータ復旧を行うためには、ドライブを新しいものに交換する必要がありそうである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  読み込めないCDのデータ復旧方法

Google

更新履歴