データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  開いて修復を実行してデータ復旧する

スポンサードリンク

開いて修復を実行してデータ復旧する

エクセルやワードが開けない時のデータ復旧方法のひとつに「開いて修復」を実行するという方法がある。
エクセルやワードのアプリケーション自体に問題がない時は、ファイル自体の損傷である可能性が高くなる。

ファイルの損傷は、書き込み時のエラーや物理的な破損などさまざまなケースが考えられる。
これらの破損では、データ全体が損傷されていることは少なく、一部のみが損傷していることが多いようである。
このような時はデータ復旧できる可能性が残っている。

軽度の損傷ならば、ファイルを開くときに「開いて修復」機能を使うことによって損傷を自動的に復旧できる。
ワード、エクセルともに、それぞれ起動したのち「ファイル」−「開く」を選択し、開けないファイルをクリックする。
そして「開く」ボタンの右側の「▼」をクリックして「開いて修復」を選択するのみである。
損傷の程度にもよりますが、入力されている書式や数式などが失われることはあるものの、データ復旧できる可能性は高いようである。

エクセルとワードではデータ復旧の方法に違いがある。
エクセルでは通常の復旧ができない場合でも、「データの抽出」をすることができる。
そして「数式を回復する」、「値に変換する」が選択することができる。
操作の手順としては、まずは「修復」を試みて、修復できないようなら「データの抽出」をクリックする。
そして「数式を回復する」「値に変換する」の順にデータ復旧を試みる。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  開いて修復を実行してデータ復旧する

Google

更新履歴