データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルとワードのデータ復旧方法

スポンサードリンク

エクセルとワードのデータ復旧方法

エクセルやワードで作成したファイルが開けないようなとき、そのデータ復旧の方法にはさまざまな方法が考えられる。
その中のひとつの方法として「アプリケーションの自動修復」という方法がある。

Windowsで使用するアプリケーションソフトはフリーズ時に行った再起動などの操作によって、正常な作業に必要なプログラムが壊れてしまうケースがあるようである。
これによって、特定の機能が使えない、もしくは動作が不安定となってデータ自体を開けなくなってしまうようである。
エクセルやワードにはこのような不安定な状態のアプリケーションソフトを自動で修復する機能がついている。
「アプリケーションの自動修復」という機能である。この機能を実行してデータ復旧を試みましょう。
エクセルまたはワードを起動して「ファイル」−「ヘルプ」−「アプリケーションの自動修復」を選択する。

エクセルやワードを起動して「アプリケーションの自動修復」を試みてもファイルが開かず、データ復旧ができない場合がある。
この時は「Microsoft Office」の修復機能を利用してみるといいかもしれない。
「コントロールパネル」−「プログラムの追加と削除」から実行するものだ。
の操作は再インストールするのと近いため、エクセルやワードに致命的な問題があったとしても解決できる場合が多いようである。

この作業でもデータ復旧ができない場合は、完全にMicrosoftOfficeを完全に削除して、再インストールするのもいいかもしれない。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルとワードのデータ復旧方法

Google

更新履歴