データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルとワードのデータ復旧

スポンサードリンク

エクセルとワードのデータ復旧

エクセルやワードの文書が開けなくなってしまったということは、よくあることである。
大切なデータであれば、なんとかデータ復旧をしたいものだ。

エクセルやワードが開けなくなる原因としてまず考えられることは、アプリケーション自体に問題があり、作成したファイルが開けないということである。
これは、アプリケーションソフトがフリーズした時に強制終了や再起動することによって起きるようである。
この場合、アプリケーションソフトを修復すれば、データ復旧できる可能性は高いと言われている。

もう1つの原因として、ファイル自体が壊れてしまっている、というケースが考えられる。
これは、フロッピーディスクなどの外部メディアからデータをコピーする際に、ファイルの情報が欠損してしまうことが考えられる。
また、ハードディスクのセクタが欠損するなど、物理的にデータが壊れてしまうことも考えられる。
さらに、ファイルを保存する際に転送エラーが発生してしまい、データが壊れてしまう、ということもあるようである。
ファイル自体が壊れている場合は、修復機能でデータ復旧できる場合がある。
もしそれでデータ復旧ができなくても、ワードやエクセル文書内の画像や数式などは諦めて、テキストだけに関してデータ復旧するという方法もある。

アプリケーションが壊れている場合、ファイル自体が壊れている場合、いずれの場合にしてもファイルの外見上では判断できない。
データ復旧方法をいろいろ試してみることが、大切なことのようである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  エクセルとワードのデータ復旧

Google

更新履歴