データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ごみ箱から削除のデータ復旧

スポンサードリンク

ごみ箱から削除のデータ復旧

大切なデータを削除してしまうことはよくあることである。
不要なデータを削除する場合、通常は該当するファイルを選択後、右クリックで削除を選択してごみ箱に移動する。
削除したデータが「やっぱり必要です」というような時はごみ箱を開いて「元に戻す」を選択すれば、元の位置にデータ復旧できる。

しかし、ごみ箱を空にしてしまった場合、どこを探してもファイルが見つからないため、データ復旧ができないものとして、諦めてしまうことが多いようである。
ごみ箱が空にした後でも、データ復旧はできるのである。
ごみ箱を空にしても、データはハードディスク上に残されている。画面上で目視できないだけなのである。

画面上からアイコンが消えてしまうため、パソコンから完全に削除されてしまったと思ってしまう。
しかし、削除という操作によってファイル管理システムが、ファイルの情報に「削除マーク」を付けてデスクトップ上で作業できないように見せかけているだけなのである。

では、どのようにデータ復旧を行えばよいのでしょうか?
さまざまなデータ復旧の市販ソフトがある。
また、インターネットからデータ復旧のフリーソフトをダウンロードできる。
いずれのソフトを使うにしても。ファイルを削除してからあまり経過しないうちにデータ復旧を行うことが大切なことのようである。
パソコンの電源を落とさずにその日のうちにデータ復旧を行えば、かなり高い確率でデータ復旧ができるといわれている。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  ごみ箱から削除のデータ復旧

Google

更新履歴