データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧の考え方

スポンサードリンク

データ復旧の考え方

ハードディスクが物理的に故障していなくても、システムファイルやレジストリの破損などでWindowsが起動しなくなる。
すると、データを読み込むことができない。
しかし、物理的な故障と違ってデータが消えてしまったわけでもない。
Winwowsを修復すれば、データ復旧することが可能である。
注意点はWindowsが修復する過程でハードディスクの中のデータが消えてしまう可能性がある、ということである。
セーフモードでWindowsが起動しない場合は、データ復旧するのは難しいようである。
そのため、多くの場合Windowsを再インストールすることになる。
パソコンの多くはWindowsだけをインストールするのではなく、リカバリーディスクを使ってハードディスク全体を初期状態に戻してしまう。
そのため、Windowsを復旧しようとするとデータまで消えてしまうことになる。
そこで、大切なデータを失わないためにリカバリーディスクを使う前には何らかの形で、データのバックアップを取る必要がある。
外付けのハードディスクにコピーしたり、CD−RやDVDにコピーしたりする。

Windowsが起動しない状態でデータを取り出すのは難しく、ちょっとしたコツがいるようである。
Windowsが起動しないのにどうやってファイルをコピーするのか、という疑問もでてく。
しかし、ハードディスク内のシステムが壊れていてもCD−ROMからパソコンを起動させることができるのである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧の考え方

Google

更新履歴