データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  アプリケーションデータのデータ復旧

スポンサードリンク

アプリケーションデータのデータ復旧

アプリケーションデータは、それぞれ専用のフォーマットで作成されており、決められたアプリケーションで開くことが前提となっている。
例えば、ファイル拡張子が「.doc」の場合はワードで、「.xls」のファイルはエクセルで開くことが一般的である。
そのため、それらの専用のアプリケーションが正常に動作しないと、ファイルそのものを開くことができないことがある。
また、これらのファイルの大半は、データが部分的に破損してしまっただけでも、ファイルそのものを開くことができなくなる。
アプリケーションに問題があるならば、アプリケーションを再起動させてみる。
ファイルが破損しているのであれば、ファイル修復ツールで修復するのもいいかもしれない。

アプリケーションデータにはその元になるファイルフォーマットがある。
エクセルならばCSV形式、ワードならばRTF形式と呼ばれるファイルフォーマットである。
ファイルが開かない時は、データ復旧する方法として拡張子を変えて読み込んでみるのもいいかもしれない。
エクセルならば「.xls」という拡張子を「.csv」に変更するのである。
ワードならば「.doc」という拡張子を「.rtf」に変更する。

エクセルデータをAccessで読み込んでデータ復旧するという方法もある。
Accessはデータテーブルとしてエクセルデータを取り扱うことができる。
それを利用すれば、エクセルでは読み込めなかったデータのデータ復旧ができることがあるようである。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  アプリケーションデータのデータ復旧

Google

更新履歴