データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  濡れたメディアからのデータ復旧

スポンサードリンク

濡れたメディアからのデータ復旧

CDやDVDなどは、水やコーヒーなどの液体をこぼしても布などでふき取ってやれば大丈夫である。
なぜなら、これらは樹脂でコーキングされているからである。
また、ハードディスクはアルミのケースに収められているうえ、パソコンの内部に格納されているので、まず大丈夫であろう。

しかし、フロッピーディスクやMOディスクなどは水などの液体をこぼしてしまうと大変なことになる。
なぜなら、これらは磁気メディアで、磁気メディアは液体に非常に弱いものであるからである。
液体をこぼしてしまった磁気メディアから確実にデータ復旧をしたいのであれば、水分をできる限り取り除かねばならない。
水分を取り除くといっても、ドライヤーを使うなど、熱で水分を蒸発させることは避けたほうがいいようである。
なぜなら磁気メディアは熱にも弱いからである。

水分を取り除くためには、乾いた布や脱脂綿、吸湿性の高いティッシュやキッチンペーパーを用いるといいようである。
ただし、拭いたりこすったりしてはいけないようである。
水分が除去できたら、できる限り常温で自然乾燥させることが確実なデータ復旧につながるようである。

運がよければ、ファイルを読み込むことができるかもしれない。
しかし、一時的に読み込むことができているだけかもしれないので、完全なデータ復旧とはいえない。
すぐに他のメディアにバックアップをとったほうがいいようである。
そして、一度液体をかぶってしまったメディアは使わないほうが賢明である。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  濡れたメディアからのデータ復旧

Google

更新履歴