データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧の可能性

スポンサードリンク

データ復旧の可能性

大切なファイルを不用意に消してしまった、意図しないのに消えてしまったという経験が多かれ少なかれあると思う。
消えてしまったファイルが、消えても問題ないものであればいいのだが、大切な資料だったりするものだ。

しかし、たとえファイルが削除されたとしても、ディスクから物理的に削除されるまでは、データ復旧の可能性が残っているのである。
破棄したパソコンや中古パソコンからデータが読み取られた、という話を聞いたことがあると思う。
これは、たとえディスクをフォーマットしてもデータが読み出せる形で残っていた、ということを物語っている。
あきらめかけていた削除されたファイルも適切な処置を行えば、データ復旧の可能性は十分に残っている。

ファイルが破損する原因としては、いろいろなケースがあり、大きく分けると2つ考えられる。
1つはユーザーの不注意によるもの、もう1つはウィルスの感染に代表される外的要因によるものだ。
そして、ファイルの破損で最も多いのがユーザーの不注意によるものだ。
ごみ箱から消してしまった、間違ってフォーマットしてしまった、落としたなど物理的なダメージを与えてしまった、などがある。

しかし、削除されたファイルでも、あるソフトを使用すればデータ復旧は可能である。
同様にフォーマットされたディスクのデータ復旧をするソフトも市販されている。
そして、開かなくなったファイルも拡張子の変更やアプリケーションソフトの変更でデータ復旧できる可能性が残っている。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  データ復旧の可能性

Google

更新履歴