データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  元のドライバへのデータ復旧

スポンサードリンク

元のドライバへのデータ復旧

新しいドライバをインストールしたらデバイスが正常に動作しない時がある。
配布されている最新版のドライバをインストールしたら、デバイスが正常に作動しなくなるというトラブルである。
新しいバージョンのドライバは、バグなどが修正され、加えて新機能が搭載されていることもある。
しかし、まれに不適当なものが配布されることもあるようである。
こうした不適当なドライバによって、これまで正常に作動していたデバイスが動作しなくなることもあるようである。

WindowsXPにはドライバのロールバック機能が搭載されている。
この機能を利用すれば元のドライバにデータ復旧することができるのである。

スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し「devmgmt.msc」と入力して「OK」ボタンを押する。
するとデバイスマネージャーが起動する。
トラブルを起こしているデバイスには「!」マークが付いている。
トラブルを起こしているデバイスを選択し、ダブルクリックすると該当するデバイスのプロパティが開く。
「ドライバ」タブに切り替えて「ドライブのロールバック」ボタンをクリックする。
そうすると古いドライバにデータ復旧され、デバイスも正常に動作するようになる。

現在のドライバの最新情報を確認することもできる。
ドライバのプロパティの「ドライバ」タブで「ドライブの詳細」ボタンをクリックする。
すると、ドライバのファイル構成やバージョンなどを確認することができる。

スポンサードリンク

関連エントリー

データ復旧便利サイトTop >  データ復旧 >  元のドライバへのデータ復旧

Google

更新履歴