エルメスの大辞典Top >  エルメス >  エルメスの香水

スポンサードリンク

エルメスの香水

エルメスの香水にはアマゾンライト、ヴァンキャトルフォーブル、オーデメルヴェイユ、オードランジュ、地中海の庭、ベラミ、ロカバール、イリス、エキパージュ、オード エルメス、カレーシュ、ナイルの庭、ルージュ、エルメス香水セットがある。エルメスといっても香りは様々なので自分の好きな香りを見つけ出すことが出来ると思いますよ。エルメスの中でもお勧めの香水を紹介する。
■エルメスルージュ
ボトルは赤いボトルである。ローズ、イランイラン、アイリスなどの花々とシダー、サンダルウッド、ミルラなどの香りが溶け合いエキゾチックで刺激的な香りである。異国を感じさせるようなフローラル・オリエンタルノートは落ち着きを感じさせてくれるであろう。

■エルメスイリス<女性用>

この香水は、ギリシャ神話上のイリスから名前がつけできた。神と神との間を行き来する伝令神である。
伝令神とは善良な心を持つ女神で、イリスが空を翔ぶとそこには、七色の虹がかかったと言われ、虹の女神としても伝えられている美しいお話である。イリスの美しさは神々の色恋に巻き込まれ、心を痛めたイリスは、自分自身を虹に変えてくれるようにヘラに頼みる。ヘラは神酒を振りかけて願いをかなえてあげるのである。
アイリスの花になったという言い伝えは、その時地上にこぼれた神酒と言われている。

アイリスとはギリシャ語で虹を表する。日本名ではあやめの香りである。
このイリスの香水はネロリ、コリアンダー、ローズがふわりと香り立ち、ミドルではアイリスの甘さが広がる。ラストはアンブレットシードやバーボンバニラがアイリスの香りにマッチしている。エルメスだからこそが創り出すことが出来る、香りの女神である。

スポンサードリンク

関連エントリー

エルメスの大辞典Top >  エルメス >  エルメスの香水

Google

更新履歴