エルメスの大辞典Top >  エルメス >  エルメスのスカーフ

スポンサードリンク

エルメスのスカーフ

エルメスのスカーフの魅力は 洗練されたデザインにある。
エルメスのスカーフは他のスカーフと違い、手間のかけ方や、デザインにおいても時間をかけて作成されている。
1951年、4代目社長に就任した、ロベール・デュマ・エルメス。
ロベール・デュマ・エルメスは、エルメスのスカーフ部門に力を注ぎた。
絵柄の技術はシルクスクリーンで表現。洗練されたデザインと、鮮やかな色彩は、一枚一枚にストーリーを存在させた。これがエルメスのスカーフなのである。

エルメスのスカーフの特徴は 鮮やかな発色、そして専属のデザイナーが描いた絵柄である。
エルメスのスカーフは日本でも、バブルの時代に必須アイテムと言われた。
その頃から現在に至るまで、ヨーロッパ旅行のお土産としてもエルメスのスカーフは定着している。
毎年、春夏と秋冬の2回、新作が発表され、エルメスファンには待ち遠しい新作紹介になる。
時代に左右されない高品質なデザインであることに加え、親子二代で使えるスカーフをエルメスは目指している。

ここで、私が好きなエルメスのスカーフ紹介である。

■商品ナンバーTA2034 (MECANIQUE DU TEMPS/時の仕掛け)
このスカーフは2002、2003秋冬のコレクションである。
カラーは赤である。実際はオレンジに近い赤の色である。素材はシルクで出来ていて、肌触りは抜群である。
価格は24,990円となっている。大きさは90×90cmである。幻想的な絵である。吸い込まれそうになるほど美しいスカーフである。鮮やかな色合いは衿元を引き締めてくれることであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

エルメスの大辞典Top >  エルメス >  エルメスのスカーフ

Google

更新履歴