乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌の赤ちゃんの湿疹

スポンサードリンク

乾燥肌の赤ちゃんの湿疹

我が家の子ども達は大体生後2週間目から酷いブツブツに悩まされる。
生まれてから3ヶ月位までは乾燥肌が原因という事ではなく、乳児湿疹というもののようである。
(我が家の場合はアトピー体質によるものなので、乳児湿疹レベルではないのですが・・・)
3ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌はコレまでと違って乾燥肌になってく。
皮脂の分泌量が急激に減ってしまうためである。

タダでさえ大人の半分〜3分の一しかない薄さの赤ちゃんのお肌。
このお肌を守ってくれる皮脂が少なくなってしまうという事は、外からの刺激を受けやすい状態という事である。
ごわごわの服とか静電気が置きやすい化学繊維の素材、刺激の強い洗剤とか、衣類に残留した合成洗剤とか、ハウスダストとか・・・
赤ちゃんを取り巻く環境には沢山の刺激が待っていますので、ブツブツとその刺激による湿疹が出る子が多いようである。
これがそう簡単になおらないと「アトピー」と診断されてしまう赤ちゃんも現代では多いそうですね。
我が家の子達も全員例外ではなかった。

乾燥して、ブツブツが出来た肌は強いかゆみを伴っている事が多いである。
赤ちゃんは自分の手を上手に痒い場所に持って行く事ができない。
顔とか頭とかをどこかにこすり付けたりするしぐさが多い時は、かゆみが原因かもしれない。
夜中泣くのも、痒いことが原因の一つになっている場合があるように感じた。
いずれにせよ、あまりにも炎症が広がって痒がっているようでしたらお医者さんに早めに連れて行って、親子共にストレスの少ない生活を送る事が望ましいですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌の赤ちゃんの湿疹

Google

カテゴリー

更新履歴