乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌のスキンケア

スポンサードリンク

乾燥肌のスキンケア

今は様々なスキンケア商品がでていて、何が良いのか迷ってしまう。
我が家には超敏感肌の人間ばかりですので、基本は石油系の合成化学物質が極力入っていない、間違って口に入ってしまっても無害なものと決めている。
そうは言っても、安全と言われる純石けんをつかってスキンケアの基本である肌の洗浄をする事は、我が家には合わない方法である。
なので、石油系ではない合成化学物質入りのものを使用している。

肌の洗浄が終わった後の肌と言うのは、すぐに水分がドンドン蒸発していく。
何もしないでいると、砂漠のように砂の奥の奥までカラッカラに乾いてしまう。
砂漠を潤すためには、どれだけの水分をしみこませなければいけないでしょうか?

肌も同じで、砂漠みたいにカラッカラにならないうちに水分を補給して表面を覆ってあげれば、大量の水分をしみこませて復活させるまで時間がかかるなんて事にならずにすみる。
下手すればひび割れなんかが起きてしまい、補修作業にとてつもなく時間とスキンケアなどの労力がかかってしまう。

肌に水分を保つ成分として良く知られているものの一つに「ヒアルロン酸」がある。
ヒアルロン酸は、わずか一グラムで6リットルもの水分をかかえこんでくれる。
乾燥肌には何とも強い見方の成分である。

それからお肌に水分を補給する時にとても塗りやすいのが「ゲル」状の保湿クリームである。
このゲル状のものにヒアルロン酸が入っていると乾燥肌が大喜びする。
夫のかかとは子どもの頃から遺伝でパックリと割れていた。
冬は一センチ以上も深くわれ、いつも血がにじんでいましたが、なんとヒアルロン酸入りのゲル状保湿クリームを塗る事でつるつるかかとが出現!
医者でもらった薬も効いたためしがなかったのに・・・ととても驚いていた。

スポンサードリンク

関連エントリー

乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌のスキンケア

Google

カテゴリー

更新履歴