乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌による湿疹

スポンサードリンク

乾燥肌による湿疹

結婚して子どもを産むまでは、乾燥肌ってただ単に肌がカサカサするだけでしょう〜?なんて思っていた。
でも乾燥ってお肌の一番の大敵なんですね。

湿疹は食べ物とかストレスとかで内側から出ることも多いだが、乾燥肌が原因での湿疹も秋〜冬時期は多いそうである。
なぜ乾燥すると湿疹ができるのかを簡単に説明する。
皮膚の表面は、皮脂と汗などが適度に交じりあって出来た皮脂膜という膜がある。
皮脂膜の役割は、皮膚に大切な水分が蒸発しないように水分保持するのを助け、しっとりとした肌を作り、それによって内部での細胞分裂を活発にする為の手助けとなる。

冬になると空気が乾燥するので、お肌も乾燥してしまう。
水仕事をした後とか、熱いお風呂に入って体が温まった後は特に、皮膚からスゴイスピードで水分が蒸発してしまう。
そして出来上がった乾燥肌、乾燥した皮膚の表面には保護してくれる膜が壊れて内側に刺激物質が入りやすくなる。

刺激物質となるものは色々ある。
「痒い〜」とぼりぼり掻く刺激。
化繊などによる静電気。
衣類に残る残留洗剤。
ハウスダスト。
その他身近なあらゆるものが刺激の原因になり、その刺激物が壊れた表面の膜の隙間からダイレクトに肌の内部に入り込みる。
そしてそれが原因で湿疹が起きるのだそうである。
(といっても私の今まで得た実体験とかじった知識程度ですので、一部間違えもあるかも・・・)

子どもが超乾燥肌でしたので、普通の皮膚トラブルのない人には神経質と思われる位色んな事に気をつけた。
水分を保つ事を徹底したことにより、湿疹がでなくなった実体験もあるので、乾燥肌はとにかくお手入れしてあげないといけないものだと身にしみた。

スポンサードリンク

関連エントリー

乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  乾燥肌による湿疹

Google

カテゴリー

更新履歴