乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  赤ちゃんの乾燥肌

スポンサードリンク

赤ちゃんの乾燥肌

生まれたばかり(・・・といっても新生児ちゃんはしわしわ〜)の赤ちゃんの肌って、毛穴なんて全く見えなくて触るとぷくっと弾力があって頬ずりすると気持ちいいイメージである。
赤ちゃんと暮らしたり接したりした事がない人達の中には、「赤ちゃんは、たまご肌」って思い込んでいる人が結構いると思う。
何を隠そう、隠しませんが(笑)私もそう思っていた一人だからそう思うのであります・・・

だから、初めての赤ちゃんが乾燥肌、ましてやアトピーだったりなんかすると、お母さんは悩みまくってしまう。
「なんでっ?!赤ちゃんの肌ってこんなにボロボロなの?!」って。
「赤ちゃんの肌はデリケート」と言っても、お母さんが想像できる範囲を超えているデリケートさだったりする。
大人の肌とどの位違うかというと、赤ちゃんの肌の厚さは大人の2分の一から3分の一と言われている。
その上、お肌を保護する膜がまだちゃんと出来ていないので、ちょっとした刺激で肌がじかにダメージを受けてしまう。

我が家の赤ちゃん達は特に皮膚が薄いみたいである。
洋服にほっぺが触っただけで刺激を受けてしまい、湿疹ができ、そこに又生地が当たってじゅるじゅるになってしまう悪循環。
夏場はある程度潤っているから刺激を受けにくいけど、秋になって乾燥肌のガサガサが全身にでてきて今かなりブツブツしちゃっている。
毎日お風呂上りにすぐに保湿、保護しているが、一日中、乾燥したら「すぐに清潔にして保湿」を繰り返さないと追いつきない。
でも体力的に無理なので悪化しちゃったら迷わず薬を使っている。

スポンサードリンク

関連エントリー

乾燥肌対策の特集Top >  乾燥肌 >  赤ちゃんの乾燥肌

Google

カテゴリー

更新履歴