子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの向き癖

スポンサードリンク

赤ちゃんの向き癖

ほとんどの赤ちゃんは、同じ方向を向いて眠る。
良く耳にする、「向き癖」とうものだ。
向き癖があると、赤ちゃんの頭はだんだんと歪んでいく。時には顔の形まで、変わってきてしまう赤ちゃんもいる。子育て中のママにとっては、とっても気になってしまいるだろう。

向き癖を直す方法ってあるのであろうか。
残念ながら、私の経験上、これが効くっていうのはない。

でも、ちょっとでも改善してあげたいのが親心。
簡単にできる方法がいくつかある。

まず、赤ちゃんは明るい光に反応する為、向き癖がついていない側を、明るい窓辺や室内灯のほうに向けてやる。
向かせた後、向き癖の方を向いてしまわないよう、タオルなどで固定しておくと良いである。

また、赤ちゃんは物音や人の気配など、興味のある方に顔を向けようとする為、向き癖がついていない側を人がよく通る側にしたり、そちらから頻繁に声をかけてやったりする。

向き癖を防ぐ赤ちゃん用枕もありますので、使ってみても良いかもしれませんね。

でも、向き癖が治らなくても心配しないでください。
頭の歪みは寝ている時間が短くなってくるにつれて、だんだん直ってゆき、2、3才頃には髪の毛も増え、ほとんど分からなくなる。
実際、新生児の頃に頭の歪みがひどかった我が子も、6歳になる現在は、全く気にならない。

居心地が良いので一定の方向を向いているのに、わざわざ反対側に向けられたら赤ちゃんは寝にくくなってしまいるだろう。
やはり、歪みは自然に治るものなので、赤ちゃんの機嫌を損ねてまで、直す必要はないと思う。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの向き癖

Google

更新履歴