子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの突発性発疹について

スポンサードリンク

赤ちゃんの突発性発疹について

発熱を伴う赤ちゃんの病気で多くみられるのが突発性発疹である。
初めて聞く人は、「何の病気?」って思ってしまいるだろう。
生後6ヶ月〜1才くらいまでに90%の赤ちゃんがかかるといわれている。

初めての発熱が突発性発疹だったという赤ちゃんも少なくない。
子育て中のママにとって、赤ちゃんの発熱はこわいものだろう。
突発性発疹とはどんな病気なのであろう。

発熱は突然である。咳や鼻水もなく元気だった赤ちゃんが急に発熱し、高熱が3〜4日続く。
その後、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出て全身に広がる。
発疹は2、3日目立ちますが、だんだん薄くなっていく。
かゆみは少ないようだが、たまにかゆがる赤ちゃんもいるようである。

この病気は、発疹が出てからでないと突発性発疹だと分かりない。
だから最初は「普通の風邪?」と思ってしまう。
原因はヒトヘルペスウィルス6型と7型で、感染力は強くない。
潜伏期間は平均10日と考えられている。

発熱中は水分補給に気をつけてあげましょう。
高熱でも比較的機嫌が良いことが多いので、そんなに心配するような事はないと思うが、熱性けいれんや、下痢を伴うことがあるので気をつけてあげてください。

私の息子達は、この病気にかかった時、とても機嫌が悪くなったように思う。
高熱時よりも、熱が下がり始めたあたりからぐずぐずだった。
周りにも同じような事を話している人もいましたが、これも個人差があるようである。

赤ちゃんの90%がかかる病気なんて、すごい確立だろう。
1歳未満に突然発熱した場合、この病気の事も頭にいれ、落ち着いた対応ができるようにしておくと良いですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの突発性発疹について

Google

更新履歴