子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんのお食い初め

スポンサードリンク

赤ちゃんのお食い初め

赤ちゃんのお祝い事には色々ありますよね。
子育て中の忙しい時期に、いろんな儀式があって大変だが、それぞれちゃんと意味がある。

お祝い事の1つ、「お食い初め」は、生後100〜120日目に、赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う儀式である。離乳食の開始時期で、赤ちゃんに始めて食べ物を与える儀式だが、実際、赤ちゃんはまだ食べられない物が多いので、食べさせるまねだけで十分である。

正式に行う場合は、双方の両親、親類を自宅に招いて、赤ちゃんの祝い膳を用意し、親類の中で一番長寿の人が赤ちゃんを抱く。この時、男の子は男性に、女の子は女性に抱いてもらう。そして、赤ちゃんを抱いている人が、赤ちゃんに食べさせるまねをする。
祝い膳は、鯛などの尾頭付きの焼き魚とお赤飯、お吸い物と歯固め用の栗を添えるのが一般的である。赤ちゃんが実際に食べられるように、重湯やジュースを用意しても良いですね
ですが現代では、ここまできちんとするお家は少なくなっていた。
儀式を簡素化し、祖父母と両親、もしくは両親だけでお祝いするお家が増えていた。祝い膳も、お椀のかわりにベビー用食器、お膳のかわりにベビーラックを代用したりして、皆がやりやすいように行っている。

私の家では、家族3人だけでこぢんまりと行いた。
お赤飯とジュースと、簡単なおかずだけである。
どんな方法でも、子供の成長や幸せを願う気持ちは昔も今も同じである。
自分達がやりやすいように、皆が満足できるお食い初めができれば良いですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんのお食い初め

Google

更新履歴