子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  マタニティブルー

スポンサードリンク

マタニティブルー

妊娠の前後に起こるホルモンバランスの急激な変化により、精神的に不安定になることをマタニティブルーと呼ぶ。

ホルモンバランスが変化すると、視床下部が不安定な状態になり、それによってイライラしたり、眠れなくなったり、疲れやすくなったりしてしまうのである。

また、妊娠〜出産〜育児の間に起こる、身体的疲労や、出産や育児に対する不安などもマタニティブルーの大きな原因になる。

妊娠、出産することで、突然自分の負担が大きくなり、赤ちゃんを守らなければ、という母親の自覚が芽生える。
でも子育てって思っていた以上に大変。なかなか自分の思うようにいきない。
赤ちゃんの発達が心配、おっぱいを飲んでくれない、赤ちゃんが寝てくれない、などの子育てに対してのジレンマが生じ、そこから精神的不安定になってしまうのである。

「可愛い赤ちゃんを授かって幸せなはずなのに、どうして自分はこんな気持ちに?」なんて思わないでくださいね。
このマタニティブルー、多くの人が経験している。
出産経験のある人の80%くらいの人が、多かれ少なかれ、マタニティブルーを経験している。マタニティブルーは、妊娠、出産による自然現象といえるのである。

そして、ブルーな時って、この状態がずっと続いてしまいそうな気持ちになってしまいるが、大丈夫である。
マタニティブルーは一時的なものだ。
ホルモンが正常な状態に戻れば(産後1〜2週間で戻る。)、だんだん精神的にも落ち着いてく。

ただ、ひどくなると、一日中泣き続けてしまったり、食事ができなくなったり、育児を放棄してしまう場合もある。
辛いな、と感じたら、周りの人達に素直に打ち明けて、家事や育児を手伝ってもらってください。
それでもだめだったら、思い切って病院に行ってみてくださいね。
適切な処置をすれば、きっと良くなる。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  マタニティブルー

Google

更新履歴