子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんのひきつけ

スポンサードリンク

赤ちゃんのひきつけ

赤ちゃんがひきつけてしまった時、多くの子育て中のママはひどく動揺してしまうと思う。ひきつけている時って、本当に恐ろしく感じた。
目は白目をむいて、体はがくがく硬直して、子供が突然遠くにいってしまったような、そんな気持ちになってしまう。

ひきつけは、脳細胞の異常な興奮の為に起こると考えられている。
乳幼児期は、脳が未発達なためにひきつけが起こりやすい。

ひきつけが起きてしまった時に正しく対応できるように、我が子のためにきちんと勉強しておきましょう。

ひきつけは、ほとんどが熱性けいれんである。これは心配するものではなく、高熱時や熱の上がり始めに起こりやすいである。長くても10分程で治まる。

熱がなくても大泣きした時などに起こることもある。顔が真っ青になって息が止まった感じになりますが、こちらは1分程で治まる。

ひきつけを起こした時の対処法は、まず静かに横向きに寝かせてやり、ボタンなどを外して気道を確保してやる。
動揺してしまって、子供を抱っこして揺さぶったり、大声をかけたりしてしまいがちだが、これは絶対にやめてくださいね。
実際、私は子供の名前を叫びながら抱っこしてうろうろしてしまいましたが・・。

できたら、ひきつけの時間、子供の状態など(手や足の動き)をチェックできると良いである。ひきつけ後、病院を受診した場合、お母さんの記憶が重要な役割を果たすこともある。

その後、意識が戻ってきたか確認する。顔色が良くなってきた、泣き出したなどの症状があればもう大丈夫である。そのまま眠ってしまうこともあるが、これも心配いりない。子供が落ちついたら、病院を受診せよ。

ひきつけが5分以上続いても止まりそうにない時は、救急車を呼んでください。
治まっても、またすぐに再発するようならこちらもすぐに受診が必要である。

また、熱がないのにひきつけた場合は原因を調べる為に検査が必要な場合がある。
(熱のない胃腸風邪などでも起こる時もありますが・・)
お母さんがしっかり子供の状態を把握して、お医者さんに伝えてくださいね。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんのひきつけ

Google

更新履歴