子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの授乳

スポンサードリンク

赤ちゃんの授乳

赤ちゃんの生活は単純である。泣く、おっぱい(ミルク)を飲む、おしっこ・うんちをする、眠る。大きく分けるとこの4つである。
赤ちゃんが大きくなるにつれて、だんだん起きている時間が長くなり、遊ぶ時間や機嫌良く過ごしている時間なども増えてく。

赤ちゃんの生活の中で、子育て中のママが一番気になることはおっぱい・ミルクを飲ませること、授乳だろう。
赤ちゃんが泣いて、機嫌が悪くなってきたら授乳する、というママが多いようだが、産まれて間もない赤ちゃんは、だいたい3時間おきの授乳が多いである。

でも低月齢の間はまだ授乳ペースが定まらないので、あまり回数は気にせず、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげることが一番である。
飲みすぎてないかな?と気にしてしまうママもいると思うが、赤ちゃんは飲みたくないのに無理に飲むことはしないようである。
ただ、ミルクの赤ちゃんは、おっぱいより消化に時間がかかるため、最低2、3時間は空けた方が良い、と言われていますが・・。

頻繁に泣いて、おっぱいやミルクを欲しがっている時は、量の不足も考えられる。
体重が増えていれば問題ないだが、あまり泣いているようだったら1回のミルクの量を増やしてみても良いであろう。おっぱいの場合は授乳後にミルクを足してみる。

でも、赤ちゃんにもそれぞれ個性があって、生活リズムも様々である。
中には1時間おきにおっぱいを飲むペースの赤ちゃんもいる。逆に、5時間くらい授乳間隔が空いている赤ちゃんもいる。

授乳回数を気にしていると、それもストレスに感じてしまいるだろう。
赤ちゃんが機嫌良いのであれば、授乳回数が多くてもあまり気にしないで、その子のペースなのだと思い、頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの授乳

Google

更新履歴