子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの湿疹

スポンサードリンク

赤ちゃんの湿疹

生後2週間から半年くらいまでの赤ちゃんに起こる湿疹の多くが「乳児脂漏性湿疹」である。乳児湿疹と呼んでいる方が多いである。

多くの赤ちゃんが経験する湿疹だが、体質や皮膚の丈夫さなどにより、症状が出やすい子とそうでない子がいる。
皮脂の分泌が多い頭や顔を中心に、赤いポツポツができて、カサカサしたり、かさぶたのような物ができたりする。
初めての赤ちゃんの時は、びっくりするかもしれないが、大丈夫である。
ひどくても、1年くらいで治ってしまう病気である。

お手入れ方法は、清潔にしてあげることが一番である。
お風呂では石鹸で丁寧に洗ってやり、しっかりすすいだ後、病院で処方された塗り薬を塗る。かさぶたのような物は取ってしまいたくなりますが、取ってやれば早く治る、というわけではない。自然に取れるまで待ちましょう。
どうしても気になってしまう、というのであれば、ベビーオイルを付けた後、蒸しタオルなどをして湿疹を柔らかくしてから、シャワーなどで洗い流してやる。

ひどくなってくると、ジュクジュクして膿んでくる場合がある。
この場合はすぐに病院を受診せよ。
抗生剤入りの薬を使って治する。
抗生剤と聞いて抵抗を感じるかもしれないが、大量に使ったり、長期間使ったりする事を避ければ問題のない薬である。

乳児湿疹は見た目にも目立つので、周囲から色々言われたりする事もあり、子育て中のママとしてはやっぱり気になってしまいるだろう。でもそれも一時のこと。
きちんとしたケアをして赤ちゃんを優しく見守ってやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

子育て支援119Top >  赤ちゃん子育て >  赤ちゃんの湿疹

Google

更新履歴