ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  フェレットをペットとして迎える方へ

スポンサードリンク

フェレットをペットとして迎える方へ

フェレットをペットとして迎える方へ、簡単にフェレットの様々な特徴をお話したいと思う。
フェレットをペットとして飼ったら、お部屋で一緒に生活することができる。
ゲージもあるが、ほとんどの人が部屋で、放し飼いで飼っています
大人になっても、猫よりも小さく、近所に迷惑をかけることはない。フェレットは発情期にも凶暴になることもなく、マンションに住む一人暮らしの方の間で、とても人気がある。性格は温厚で人になつき、大人になっても飼い主と遊ぶ。
人間によくなれるので、しつけの面でも安心である。トイレも覚えますし、家族同様に暮らせます。
うんちもべとつかずほとんど無臭である。お風呂に入れることもできるので、世話が面倒ではない。

フェレットとは、家でペットとして飼えるように改良された動物であることをみなさんご存知でしたか?
去勢、不妊、臭腺の除去手術をした小動物になる。
手術のしていないフェレットや、手術していても不完全なフェレットは、強烈な臭いを出する。
発情期も凶暴になり、ホルモン系の病気になりやすくなる。手術済みであっても、動物の多少の体臭はありので、覚えておきましょう。
フェレットは人になつくので、ペットとして人気があり、フェレット同士でもお互いに遊ぶ。2匹飼ってもいいですね。
とても好奇心が旺盛で、愛情をそそぐほど、飼い主と他人を見分けます。
トイレのしつけの他に、芸も覚える。バッグに入ったりして、飼い主と一緒に外に出かけることもでき、散歩を嫌がりない。
小さな場所に、一時的に入ることをあまり気にせず、よく寝る動物である。
部屋では、一日に数時間遊ばせたり、駆け回ったりさせてあげてください。

ペットのフェレットは視力や聴力が弱いのが特徴である。
その分嗅覚が非常に発達していて、暑さに弱い動物である。鳴き声をあまり出すことがなく、鳴くとすればベビー時期になる。
そフェレット寿命は約6〜10年くらいで、潜り込むのが大好きである。

ペットとしては飼いやすい小動物と言えるであろう。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  フェレットをペットとして迎える方へ

Google

カテゴリー