ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ペットの葬儀の種類

スポンサードリンク

ペットの葬儀の種類

ペット葬儀は1つだけではなく、いくつかに種類が分かれる。

合同葬とは、僧侶が読経する。
お葬式が終わった後にペットとお別れをする。その後は、他のペットと一緒に火葬する。
火葬してから寺院で納骨し、お墓に入れてあげる。火葬に立会い、骨を拾うことはできませんが、しっかりとしたペットの供養になる。

個別葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後は他のペットと一緒にではなく、個別に火葬する。
その後、納骨しお墓に入れる。納骨しないで、骨を持ち帰ることが出来ます。お骨上げは飼い主ではなく業者が行う。

立ち会い葬とは、僧侶が読経する。お葬式が終わった後に個別に火葬し、お骨上げを希望した場合は飼い主がお骨上げをすることが出来ます。骨を持ち帰ることもできる。家族でよく話しあって下さいね。

自宅葬とは、自宅に移動火葬車が出張する。
そして葬儀、火葬を行う。火葬はペットが好きだったお気に入りの散歩コースで行うことも出来ます。
しかし、ずさんな設備の業者は、悪臭や煙でトラブルになり、後で問題になるので、事前に業者を調べたほうがいいであろう。
特に、自宅での訪問火葬を選ぶ時は、きちんとした技術を持った業者を選びお願いすることをお勧めする。

最近では、ペットの葬儀にいろいろな人を呼ぶことがある。
ペットとの最後のお別れに集まってくれるので、ペットもきっと喜んでくれますね。自宅に祭壇を設けたりするサービスもある。
業者さんにどのようなサービスと葬儀の種類があるのか、事前にきちんと聞かれる事をお勧めする。

ペットの葬儀は動物だから簡単に済ませるのではなく、家族が話し合い、葬儀の種類やお墓について、ペットと家族が納得の出来る形の供養をしていただきたいと思う。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ペットの葬儀の種類

Google

カテゴリー