ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ペットが亡くなった時の土葬

スポンサードリンク

ペットが亡くなった時の土葬

ペットの死は辛く悲しいものだ。葬儀などはペット専門の葬儀屋さんにお願いするなどの方法があるが、自宅で土葬をする時は、どのようにしたらいいのであろうか。

ペットの亡骸は飼い主が葬ってあげなければならない。飼い主には最後まで責任がある。

土葬の一般的な方法だったのは、自宅の庭に土葬する方法である。可愛がっていた人たちがみんなで穴を掘り、そこに手作りのお墓を作る。亡くなったペットもきっと喜んでくれるであろう。土葬はペットがいつも家族の側にいることが出来ます。

しかし土葬はいい点だけではなく、他の野生動物に掘り返されることもあり、危険も伴う。深い穴を掘れる広い土地であれば安心だが、都会に住んでいる人にとっては難しい問題である。また、土地があっても、土壌や水質の汚染に影響が出るようであれば、問題になる。土葬は、このようなことにも配慮しなければならない。

ペットを飼っている方は、アパートやマンション暮らしの方も多く、土葬したくても穴を掘れる場所が、確保出来ない状態にある。

いい場所を見つけても、自分の土地以外に埋葬する事は法律で禁止されている。
近くの空き地や公園に埋葬することも、もちろんできない。

以上のことを考えると土葬の条件は難しく、自宅に埋葬する場合は、一旦火葬してから埋葬することをお勧めする。
現代では、専用グッズも販売されていて、ベランダや自分の部屋にお骨を置くことも出来ます。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ペットが亡くなった時の土葬

Google

カテゴリー