ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  亀をペットとして迎える方へ

スポンサードリンク

亀をペットとして迎える方へ

亀をこれからペットとして迎える方へ。

鶴は千年、亀は万年と昔から言われているが、その名の通り、亀は長生きする。
クサガメやミドリガメの寿命は30年程度なので、最後まで責任を持って可愛がって欲しいと思う。

沼亀を飼うには、まず水槽を用意せよ。
大きさは体長の数倍〜10倍程度の物がいいですね。水槽には水を入れる。カルキ抜きした水を、首を伸ばして顔を出せる程度に入れてください。
成長したら、水の量を増やしても大丈夫だが、亀は空気中で呼吸するので、水深を深くしすぎないようにせよ。

カメは毎日ひなたぼっこをする。それには理由があり、甲羅が頑丈に大きく育つ為に行う。

そのためのライトが当たる暖かい場所と、狭い場所が好きなので、隠れられる場所を作ってあげてください。

亀は温度管理が必要なので、水温26℃ぐらいで、ホットスポットは28〜35℃ぐらいを目安に調節してあげてください。
ペットの亀を室内で飼う場合も、寒暖の差を付けます。ホットスポットの場合は、昼間ライトを点灯し。夜に消灯すればOKである。

水が冷たくなると亀は冬眠を始めます。冬眠は仮死状態になるので、水中ヒーターなどを用意して上げてください。
亀は冬眠しなくても平気なので、しっかり管理してあげてください。

亀は話したりしませんが、寂しがりの一面がある。
遊びたい生き物でもあるので、よく遊んであげてください。亀の一日は朝起床し、ホットスポットで体温を上昇させてから食事になる。ホットスポットで昼寝をし、夜は就寝する。

亀を迎える前に用意する物は、水槽、水、餌、ヒーター、陸場、白熱球などのライト、温度計である。
ペットとして迎える前に亀の環境を整えてあげて下さいね。

注意することは、小亀の亀の水は、カルキ抜きをしっかりせよ。
ある程度成長すれば神経質になることもない。亀は水を良く汚すので、水交換は三日に一回、まめに行ってください。
亀には日光浴が必ず必要で、紫外線が重要であることを覚えておいてください。甲羅が柔らかくなり、病気になる。

亀はペットとして長生きして飼いやすいように思えますが、きちんとしたお世話が必要である。責任を持って可愛がってくださいね。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  亀をペットとして迎える方へ

Google

カテゴリー