ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ミニブタをペットとして迎える方へ

スポンサードリンク

ミニブタをペットとして迎える方へ

ミニブタをペットとして迎えようかお考えの方へ、簡単なミニブタの飼い方を説明したいと思う。
ミニブタは雑食なので、食事は何でも食べます、とても食いしん坊な性格である。欲しがっているからといって、餌を欲しいだけ与えると太りすぎになるので注意せよ。栄養のバランスも崩すことになる。
特にお菓子やビスケットなどの甘い物はブタの大好物だが、与えすぎはよくないので、ご褒美などに少し与える程度にせよ。
主食にする物は、穀物、野菜などをバランスよく与えてください。

ペットのミニブタようのエサは、様々な栄養がバランスよく配合されている。

餌は1日1回、2回でも問題はありませんが、毎日同じ量を同じ時間に与えましょう。

餌の量はミニブタの状態で違ってく。ミニブタの大きさや運動量に合わせて増減し、解らないことはペットショップに聞いてください。

ミニブタをペットとして飼う場合、1番目のしつけはトイレになる。
豚はきれいな所が好きである。寝る場所、餌を食べる場所、トイレを決める性質があるので、飼い主は助けてあげるようにしつけをせよ。子豚は、自分の寝床からはなれた部屋の隅などで、トイレをする。
各場所が食事、寝床、トイレと子豚が感じるように仕向ければ自然に覚えしつけもらくであろう。

しつけが難しいときは、ビスケットなどを利用して出来たときは褒めてあげてください。
叱るときはすぐに叱ってください。時間が立つと効果がありません、叱るより褒めるようにして、しつけてください。
豚はいたずらが好きで、鼻で土を掘り起こしたりする。広い庭などで遊ばせて下さい。

豚の毛は長くならず、抜け毛も少ないので毛の手入れも犬などのペットに比べるとらくであろう。
お風呂は、老化した皮膚がふけになるので、洗ってあげてください。
基本的に水浴びがすきだが、生後4ヶ月頃まではで控えてください。
風邪の原因になる。豚のつめはコンクリートの上を歩くと、手入れの必要はない。

ペットとして豚を飼うにあたって、ワクチンの摂取をお勧めする。

スポンサードリンク

関連エントリー

ペットショップへ行く前にTop >  ペット >  ミニブタをペットとして迎える方へ

Google

カテゴリー